Paris

モンマルトルの丘で出会った神業パフォーマー IYA TRAORE(イーヤ・トラオレ)

パリのモンマルトルの丘に登った時、観光名所のサクレ・クール寺院そっちのけで目を奪われた神業パフォーマーを紹介します。僕はあまりに興奮しすぎて、チップ10ユーロも渡してしまいました(僕にとっては大奮発w)。

※2015年10月

モンマルトルの丘で目撃した神業

モ ンマルトルの丘とは、映画のタイトルにもなったパリの一大観光地でサクレ・クール寺院が有名。丘からの眺めは絶景で、連日多くの観光客でにぎわい溢れています。しかし、観光客の視線を一気に攫った1人の男がいました。音楽が鳴り、彼がおもむろにボールと戯れはじめると、数分もたたないうちに彼の前には人垣ができ、みな彼の一挙手一投足に釘付けになりました。丘からの絶景は、彼のパフォーマンスを引き立てる最高の舞台セットへと変貌したのでした。

パリの街を背景に始まった神業パフォーマンス

「ボールは友達!」とばかりサッカーボールと戯れるおにーさん。ボールは一度も地面につく事無く、足の甲や裏、肘、膝、太腿、背中、頭と全身を使ったパフォーマンス。こんなの見た事無い。

絶景とあいまっておにーさんのシルエットがめちゃカッコイイ。

寝転んで足の裏でも。凄いスキルなんだろうけど、おちゃらけ感が面白い。

小道具登場!足にも乗っけちゃう。※ボールは高速回転中

口に棒を突っ込んだまま街灯に登り始めるおにいさん。おいおい。

はい。これ片手で掴まってます。片手に全体重乗っかってますけど余裕のポージング。

ボールを足の甲と脛(スネ)で挟んだままこのポーズww 危険危険!!

無事終えて降りてくるかと思いきや、ここでもリフティング!か、神業!!このおにーさん、何者!?

IYA TRAORE (イーヤ・トラオレ)さん

どうやら有名な方でした。ギニア共和国出身。
フリースタイルフットボールというジャンルのようです。日本のテレビ「やべっちFC」にも出演してたんですね。彼のWEBSITEはこちら

感動とは、想像を越えること。

高速回転したボールを渡して記念撮影!サービス精神旺盛です。※僕と写真撮ったときはしてくれなかったけどw

僕がトラオレ・イアさんに10ユーロもチップを思わず渡したのは、感動したからだと思います。他の国にもリフティングをするパフォーマー集団はいましたが、 やってることは想像の範囲内でした。おにーさんのパフォーマンスには、絶景があり、笑いがあり、驚きがあり、緊張があり、全てが想像の範囲外。サービス精神旺盛で、観客を喜ばせたいという気持ちが強いからこそこんなパフォーマンスが出来るんだろうなと感心しました。

神業パフォーマー × 世界放浪

世界を旅していると、多くのパフォーマーに出会います。ダンスや歌、楽器の演奏や、似顔絵書きもそう。彼らは主に観光地でパフォーマンスを行いお金を稼ぎます。観客は、世界中の観光地にいくらでもいて、稼げているかどうかは様々ですが、イーヤ・トラオレさんは決して少なくない額を稼いでいたと思います。僕1人で10 ユーロ 渡してますし、彼はこのパフォーマンスを1日に数回繰り返していました。稼いだお金で世界を旅し続ける、そんなライフスタイルも世界放浪の1つの形ですね。

パフォーマーって羨ましい

僕は、彼のような何かのプロフェッショナルを本当にかっこいいなと。特に、その身1つで成り立つようなプロフェッショナルには憧れを感じます。僕は Wi-Fi環境さえあれば資金を生み出せますが、彼らのパフォーマンスにWi-Fiなんて必要ありません。どんな未開の地でも、そのスキルで誰かに驚きと感動を与え、喜んでもらい、なおかつお金ももらえます。

彼ならサッカーボール、ダンサーならiPhoneとスピーカー、弾き語りならギター、似顔絵書きなら紙とペン。それぞれの相棒がいれば世界のどこにだって旅立てる自由を持っています(そんな選択をする人は少ないかもしれませんが)。もし僕がそんなスキルを持っていたら、やはり世界放浪に出ていたと思います。もしこの記事を見てくれてるあなたが、そんな世界放浪の旅に出ようとしてるなら是非応援したいなと思います。

    

ABOUT ME
アバター
kaz
海外を夢見て脱サラ → 大失敗して暗黒時代を3年間もがき苦しむ → 30歳にして初海外 → 8年間で34ヶ国80都市を訪問 → 今はメキシコでワーケーション3ヶ月目。 コスパの良い旅が好きな、ゆるめの旅人。マイルと猫と旅とホテルが好き。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です