アラスカ航空

[アラスカ航空]JALビジネスの裏技を“片道のみ”に使うなら、地方への国内線も組み込める

credit card buy purchase

アラスカ航空の裏技は、片道になら国内線も加えられる

おさらいですが、アラスカ航空25000マイルで東南アジアのJALビジネスクラスに2回(2区間)乗れます

この裏技は、残念ながら地方への国内線を加えることは出来ませんでした。

しかし、片道のみのフライトであれば、国内線も追加出来ます。

  1. 東南アジアA国⇨東京⇨国内線
  2. 国内線⇨東京⇨東南アジアB国

このどちらかのみです。(一部、関西、中部経由もあり)

kaz
kaz
国際線2区間乗れる裏技はお得ですが、使い勝手が悪い部分もあるので、地方から利用したい場合には片道で使うのもオススメかもしれません🤗

①東南アジア⇨地方空港

例をスクリーンショットで紹介します。

クアラルンプール⇨成田⇨名古屋

kul-ngo

バンコク⇨成田⇨福岡

デリー⇨成田⇨伊丹

シンガポール⇨羽田⇨大分

羽田⇨大分は、JALの片道エコノミークラスで約2万円。この金額が浮くとなればお得ではないでしょうか。

シンガポール⇨羽田⇨沖縄

シンガポールからの帰国ついでに、沖縄でバカンスする、という使い方も出来ますね🤗

ホーチミン⇨羽田⇨函館

函館に海鮮を食べに行くのも楽しそうですね。

成田経由と、羽田経由

海外からの帰国便で東京へ行く場合、便によって成田着か羽田着があります。

シンガポール、ホーチミン、バンコク、マニラからの帰国は羽田便があります。羽田からは、地方空港へダイレクトで飛べます

逆に、成田便の場合は、直行便が伊丹(大阪)、千歳(札幌)、中部(名古屋)、福岡(福岡)の4路線しかありません。

そのため、デリー、マレーシア、ジャカルタ、ハノイは成田着しかないため、成田から4路線のどこかを経由してからの地方へ飛びます。

  1. デリー ⇨ 成田
  2. 成田 ⇨ 伊丹
  3. 伊丹 ⇨ 函館

このようなルートになります。

これはジャカルタ⇨徳島へ行く場合。

成田、福岡の2経由する場合と、成田、伊丹、福岡と3経由する場合も出てきました(疲れまくりですね😂)。

※JALの運行路線に依存するので、成田経由だと出てこない地方空港もあるようです。

kaz
kaz
羽田着の便の方が地方へのアクセスは良いですね🤗✨
  • 羽田発⇨JAL路線がある地方空港へダイレクト
  • 成田発⇨伊丹、中部、福岡、伊丹のどれかを経由

②地方空港⇨東南アジア

例えば沖縄発で検索すると、

沖縄⇨羽田⇨シンガポール

帰りはシンガポールからLCCで帰国すれば、ビジネスクラすを利用しつつ、価格も抑えられますね🤗

沖縄⇨伊丹⇨成田⇨デリー

成田便だと伊丹を経由して向かいます。このルートだと、大阪で一泊出来るのでちょっとした観光も可能ですね。(2PM着、翌日8AM発)

地方空港を加えられないNG例

地方空港を加えられるのは、片道フライトのみで完結する場合です。おさらいになりますが、以下のように2区間乗る場合には加えられません。

NG例①

  1. 東南アジアA国⇨東京⇨地方空港
  2. 東京⇨東南アジアB国

NG例②

  1. 東南アジアA国⇨東京
  2. 地方空港⇨東京⇨東南アジアB国

まとめ:地方からの片道利用はアリ

アラスカ航空の25000マイルの裏技は、2区間で往復のように使うのが一番ではありますが、片道でも使い方によってはお得なんですね。

地方から東京への交通費を浮かせることも、経由地でちょっとした観光を組み込むことも出来るので、ぜひうまくご活用ください🤗

kaz
kaz
最後までお読みいただきありがとうございました‼️
ABOUT ME
kaz
コスパの良い旅が好き😊ゆるい旅人。観光苦手😂 マイルをためてビジネスクラスに乗ったり、 お得にちょっとリッチなホテルに泊まったり🙌 カフェとかラウンジでMacbookをポチポチしてます😊
SPG

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です