中央アジア

[2020年]中央アジア旅決定、観光地やルートなどを調べるメモ記事。<随時更新>

2020年、3ヶ月ほど中央アジアへ旅行することを決定しました。帰国便のビジネスクラスはもう予約済なので、確実に行きます!

約5年前の初海外から、33ヶ国へ訪れましたが、9ヶ月も先の旅程を決めるのは初めてです。

時間はたっぷりあるので、調べながらこの記事にメモをしていきます。

kaz
kaz
ルートを決める思考過程もちょっとシェアできたらなと思います☺️

中央アジア3ヶ月旅、現在の決定事項(ほぼ)

決定事項を追加しています。

訪れる国(9ヶ国)

  • インド
  • イラン
  • トルクメニスタン
  • ウズベキスタン
  • キルギス
  • タジキスタン
  • カザフスタン
  • UAE(追加)
  • オマーン(追加)

UAEとインド以外は、初訪問。情報も全くゼロからスタートだから、下調べ頑張ろう☺️

現時点でのルート構成

  • 成田⇨デリー(JALビジネスクラス)
  • デリー⇨ドバイ(エミレーツ)
  • ドバイ⇨オマーン(バス)
  • オマーン⇨テヘラン(Salam Air)
  • イラン⇨トルクメニスタン(以下陸路)
  • トルクメニスタン⇨ウズベキスタン
  • ウズベキスタン⇨タジキスタン
  • タジキスタン⇨ウズベキスタン経由⇨キルギス
  • キルギス⇨カザフスタン
  • カザフスタン⇨韓国経由⇨日本(アシアナ航空ビジネスクラス)
kaz
kaz
デリーまではJAL、カザフスタンからはアシアナのビジネスクラスです。マイル使ってるので、3路線で15000円ぐらい。長距離はマイルで、短距離はLCCやエコノミーで移動します☺️

なんで中央アジア?この旅の思考の流れ。

  • ANAマイルの有効期限が数日で切れる
  • マイル数的に、今回行くならアジアエリアまでだなぁ。
  • ANAのマイルで、中央アジアのビジネス取れるじゃん!
  • ウズベキスタンに行ってみたかったな!
  • せっかくなら中央アジアまとめて周りたい(旅人あるある)
  • とりあえずマイルでアルマトイからの帰国便を予約(旅決定)
  • ウズベキスタンinからのアルマトイoutのルートを検討
  • でもトルクメニスタンの地獄の門が行きたくなる
  • 地獄の門のアクセス悪い、イランに近い場所にあるな
  • どうせなら隣国のイランも絡めて、イランから入国しよう
  • イランにはどう向かおうか
  • とりあえず、JALのビジネスでインドのデリーまでは決定。
  • デリーからイランへ向かおう。
  • イランへ行くチケがオマーンを経由するじゃん。
  • じゃあオマーンも観光しよう。
  • オマーンとドバイはバスで1650円?
  • じゃあついでにドバイも久々に観光しよう。

ここから先は、考えながら調べながらの細かい流れです。

デリーからテヘランへのルートを考察

イランのテヘランから最終のカザフスタンのアルマトイまでは全部陸路で動く予定。なので、テヘランまでのルートを検討。

成田からデリーまではJALビジネスクラスで行く予定なので、デリーからテヘランへ行くルートをここで考えます。

航空券チェック

まずはデリーからテヘランへの航空券をチェック。

デリー ⇨ テヘラン (オマーン経由)

デリー ⇨ テヘランは、オマーンのマスカットを経由するのか。せっかくならオマーンも少し観光したいな。じゃあ、デリーからオマーン、オマーンからテヘランの2つの航空券でバラバラに検索してみよう。

①デリー ⇨ マスカット

デリーからマスカットの価格は18000円ぐらい。オマーンエアは受託手荷物30kgまで無料らしいので、荷物込みなら全然お得。

経由便(スパイスジェット)

LCCでアーメダバードを経由したら安くなるけど、できれば直行便がいいな。ここに受託手荷物の価格も追加されるから、わざわざこっちを選ぶ必要はないかな。

②マスカット ⇨ テヘラン(Salam Air)

マスカットからテヘランは、15000円ぐらいか。

デリー⇨テヘランを2つの旅程に分けると、33000円ぐらい必要。でも、6000円足せばオマーン観光ができることを考えると全然あり。

kaz
kaz
あれ、地図を見るとオマーンとドバイって近いな🤔ドバイはハブ空港だしもしかしたらドバイからテヘラン行った方が安いかも?

ドバイ⇨テヘラン

オマーンからドバイへ移動、それからテヘランもありかな?と思ったけど、結局オマーン経由になるし直行便だと高くつくことが判明。

だったら、デリーからオマーンじゃなく、デリーからドバイに飛んだらどうだろう?

デリー ⇨ ドバイ

お!エミレーツでこの価格は安い!!オマーンに飛ぶより安い上にエミレーツなのは素敵すぎる!

じゃあドバイからオマーンの移動ってどうだろう?

ドバイ ⇨ オマーン(バス)

おお、バスで激安でいける!これは行くしかない!

  • ドバイ⇨オマーンのバスが1650円ぐらい、移動時間6,7時間。
  • ドバイ空港INだと、オマーンのビザ免除あり

バスの参考サイト

新しいルートは?

  1. 東京 ⇨ デリー (JALビジネスクラス 3000円)
  2. デリー ⇨ ドバイ(15000円)
  3. ドバイ ⇨ オマーン(バス1650円)
  4. オマーン ⇨ テヘラン(15000円)

約35000円で、インド、UAE、オマーン、イランの4ヶ国ルートを周遊可能。

kaz
kaz
ドバイは5年ほど行ってないし、久々に行きたい。マリオット系もリーズナブルなホテル多いし☺️オマーンは初上陸できる!

というわけで、ドバイとオマーン追加です。日数は少なめかな。久しぶりに世界一高いビル、バージュ・カリファにも登りたい。街並みが大きく変わって景色が激変してそう。

プロジェクション・マッピングもあるみたいだし!

イラン入国後のアメリカについて

アメリカに悪の枢軸とも言われたイラン。実際は外務省の渡航危険度は4あるうちのレベル1で、それほど危険はない。

しかも、バックパッカー旅人たちの話では、イラン人はとても優しく信用できると評判なので、イランはとても魅力的な国。

イランに入国するとアメリカに入国できなくなるという噂があるけれど、実はビザをとれば入国可能なので全く問題ないみたい。

  • 18000円ぐらいビザ代金必要
  • ビザ取得に面接は必要だが簡単
  • 10年間有効

とのこと。ESTAは2年ごとにお金と手続きが必要で、10年分と考えると8000円ぐらいは必要(代行業者を利用すると3倍ぐらいかかる)。

このビザが10年有効になるなら、ESTA更新するよりも楽かも。更新忘れがないのは嬉しい。

各国のビザ

ビザが取得できるのか確認しないと・・・。

イラン

日本のイラン大使館で事前に観光ビザが獲得可能。2700円。

  • 観光ビザ
  • アライバルビザ
  • 入国ビザ

参考記事

トルクメニスタン(難易度高い😭)

  • トルクメニスタンの観光ビザは、トルクメニスタン人や現地旅行会社からの紹介のみ発行可能
  • 観光ビザで入国すると現地ガイドを雇い、ホテルなども予約する必要があり高額
  • なので、トルクメニスタンを通過するトランジットビザのみが発給可能(5日間のみ)
  • 観光するとは言ってはいけない
  • 通過前と後の国のビザが必要
  • ウズベキスタンで取得した人は10日間待った。1日の場合もある。2週間の場合も。
  • 入国予定が先の日付だと後に回される可能性高い。早めの日付で申し込むが吉。
  • 空路だったらアライバルで取れる
  • eビザが2019/5/1からある?10ドルになってる、どこ?
  • 結構ビザ拒否されてる人いる。昔は50%、今は70%がビザ取れてるとか。
  • ビザ代金とは別に入国税14ドル必要
kaz
kaz
うーん、結構めんどくさそう。まだ調べないと。ビザ拒否られたら困るなぁ。

トルクメニスタンは最大5日

トランジットビザで最大5日のみってことだよね。結構な駆け足具合。ムムム。

ウズベキスタン

キルギス

タジキスタン

Marriott & Hilton を探す

貧乏旅の予定ですが、たまには良いホテルも宿泊したい。今回行く国や街に、ステータスを持っているマリオットかヒルトンがあるか探してみる。

中央アジア

カザフスタンの首都アスタナに多いけれど、他はほとんど無い。泊まるとしたら、この3つくらいかな😶物価の安いカザフスタンでも、リッツは1泊3.5万ほどするのでなかなか。

  • リッツ・カールトン・アルマトイ
  • ダブルツリー・バイ・ヒルトン・アルマトイ
  • シェラトン・キルギス
中央アジアにMarriott Bonvoy & Hilton ホテルはある?高級ホテルも泊まりたい 安いホテルやゲストハウスメインで宿泊して、コストを抑える貧乏バックパッカー旅をする予定ですが、せっかくなので、ちょっと良いホテル...

インド

インドにはマリオット系ホテルが充実している。気になるのは、世界遺産タージマハールの街アグラにあるラグジュアリーコレクション。

リッツと並ぶラグジュアリーブランドながら、7000円ほどで宿泊できる。

kaz
kaz
タージマハルは一度見に行ったけど、霧も濃い時期でイマイチだったので、リベンジもありかも☺️

ドバイ

ドバイは高い物価のわりにホテル価格が安いのでホテルホッピングに向いてる都市。ハイシーズンだけ避ければ供給過多気味らしい。

中央アジアの文化理解

少しずつ文化も予習しておきたい。

乙嫁語り

トルクメニスタンの遊牧民族を舞台にした漫画。一度友人の家で読ませてもらっていましたが、中央アジア行くならもう一度読んでおけと言われています。(再読予定)読みました。

結婚生活を軸にして中央アジアの文化が回見えます。絵が繊細で美しく、この地方独特の刺繍が細部まで描かれています。

created by Rinker
誠文堂新光社
¥1,980
(2019/10/17 17:43:46時点 Amazon調べ-詳細)

『乙嫁語り』のモデルとなったトルクメン人の貴重なコレクションがついに公開!

外務省とコラボ

また、この作者さんが外務省から依頼を受けて、中央アジア料理の漫画を書いているそう。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ca_c/page24_000897.html

こんなページもあるので徐々に読み進めます。

中央アジアの文化を理解できる本とか探してまとめ

中央アジア
中央アジアを舞台とした映画・エッセイ・漫画・ドキュメンタリー・旅行記まとめ[歴史/文化]2020年に中央アジア周遊をするので、事前に文化に触れられる情報を探しています。同じような人がいるかな?と思い、中央アジアを舞台とした映...

 

とりあえず地球の歩き方を注文

8/3 中央アジアの地球の歩き方をオーダー。

  • 気候・ベストシーズン
  • 装備・カメラなど
  • 各国のビザ
  • 物価
  • 行きたい観光地
  • 総合のお金

観光

  • アラコル湖のトレッキングは、絶景目前で急斜面の危険エリアがあるためリスク覚悟&片道5時間、往復10時間のキツさ。トレッキングシューズ欲しい。
ABOUT ME
kaz
コスパの良い旅が好き😊ゆるい旅人。観光苦手😂 マイルをためてビジネスクラスに乗ったり、 お得にちょっとリッチなホテルに泊まったり🙌 カフェとかラウンジでMacbookをポチポチしてます😊
SPG

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です