HafH

HafH / ストリングスホテル名古屋

定額宿泊サービスのHafHに登録して利用を開始しました。第1弾は、4つ星ホテルのストリングスホテル名古屋

HafHに紹介経由で登録をすると500HafHコインがもらえます。

今回は、

200HafHコインを利用して宿泊しました。(朝食無し)2020/10に宿泊

ストリングスホテル名古屋

名古屋駅から徒歩10分〜15分ほど。名古屋駅からあおなみ線で1駅の、ささしまライブ駅から徒歩3分のアクセス。

2016年1月に開業し、ブライダル施設もあります。

7階建てで、客室は4-7階。

ホテル内には5つのレストランなどがあって、1階ではアフタヌーンティーを楽しむ女性をよく見かけました。

ホテルからの徒歩数分圏内には、レストラン、カフェ、居酒屋、映画館、ゲームセンター、コンビニ、ライブハウスなどがあり何かと便利。

https://www.strings-hotel.jp/nagoya/restaurant/

名古屋駅までのシャトルバスを無償提供してものの、コロナの影響により執筆現在は休止中でした。

コンパクトなクイーンベッドルーム

フロントと同階層、4Fのスタンダードクイーンベッドルームをアサインされました。出来れば少しでも高階層を、と期待したけどHafH利用者が優遇されることは無さそうかな。

※2度目の滞在では最上階の7階へアップグレードしてくれました。

部屋は18㎡のコンパクトな作り。でもHafHが主に提携しているゲストハウス系と比べると段違いの高級感。200コインを使用する価値はあると思います。

4階とあって、部屋からの景色はなんだか微妙。

ユニットバスルームは、アメニティも充実しているし、高級感もあっていいなと思いました。

そもそもHafHの場合、ドミトリーが基本。半個室なら嬉しい感じなので、完全な個室は貴重だし快適そのもの。広々としたクイーンベッドは贅沢でした。

コインを使うだけで特別な経験ができる仕組みは素敵だなぁ。

問題発覚 / アップグレード

部屋に入ってしばらくして、フライドポテトが1本転がっているのを発見。デスクチェアにも、チョコレートのようなものが固まってこびりついていてビックリ。(写真は自粛)

普段はあまり気にしないけれど、せっかく少しリッチな気分を味わいたいのに自分で触って片付けるのはちょっと気分が落ちる・・・。

迷いましたがフロントに連絡をいれ、一応状況を伝えました。

スタッフ対応は流石

フロントの対策はスピーディーで、代わりのお部屋を用意してくれるとのこと。掃除に来てほしいと思っていただけなので断ろうと思ったんですが、対応に興味もあったので、言葉に甘えることに。

10分ほど待つと申し訳そうな顔をしたスタッフがきて謝罪の言葉と、代わりの部屋への案内をしてくれました。チェックアウト時にも謝罪の言葉があって、対応の良さはさすが4つ星ホテル

移動しやすい真向かいの部屋で、ランクは1つ上のデラックスツインルーム。残念ながら1ベッドルームは特殊で空きがなかったそうです。

ベッドはクイーンからシングルになるものの、バストイレ別でソファも付いていて過ごしやすいとのススメで移ることにしました。

1ランク上だけあって、部屋の高級感はこちらが上。ソファもあることでくつろぎ度は格段に上。18㎡から25㎡へ。

低階層ながらも、名古屋駅の夜景が見えて満足。ワンランクのアップグレードでこれだけ差別化されてると、一番安い部屋に泊まるのって実は勿体無いのでは?と思えてくるほどです。

独立したトイレの壁紙に、ハリー・ポッターを感じました笑

バスルームは、個人的にクイーンルームの方が高級感あって好きだったかな。

HafHとしてのコスパ

このホテルは、1泊2名で11000円ぐらい(Goto適用で7500円)〜という価格帯で、HafHのラインナップの中ではやや高額。

Hafhの1ヶ月泊まり放題プラン”いつもHafH(風)”が、82000円(Gotoで53300円)。たった1泊で10数パーセントの元を取れる。

ときどきHafHなら32000円(Gotoで20800円)だから、たった1泊で30%以上の元が取れてしまう。

HafHコインの使い先としてストリングスホテル名古屋を利用するのはアリだと思います。

普段はゲストハウスなどで暮らして、コインを使ってたまの贅沢に4つ星ホテルに泊まる。そんなHafHで実現できるライフスタイルは結構好きです。

追記 / 2度目の宿泊は7階へのアップグレード

2021/01に、2度目の宿泊をしてきたので記録を。

チェックイン時には「前回は大変申し訳ございませんでした。」とのお詫びがあって、こういう気遣いはさすがだなと思いました。

アサインされた部屋は最上階の7階

前回はフロントと同じ客室最下層の4階だったので、きっと配慮してくれたんですね。もしくは2度目の宿泊で優遇してくれたのかもしれません。

どちらにしてもありがたい。感謝。

ドキドキしつつ部屋のドアを開けたものの、ちょっと固まってしまいました笑。

なぜかシングルベッドが二つ並んでいる・・・。一人で予約しているから前回のようにクイーンベッドルームだと思い込んでいました。

二つ繋がったベッドの空間は広いけど、寝る時には当然シングルベッド。

正直なところクイーンベッド一つの方が広くて良いんですが、これはホテル側の優しさだったのかな?個人的にはガッカリしてしまったんですが。

一瞬、フロントに電話しようと思ったものの、2度も続けて意見するとなんだかクレーマーのようでちょっとためらいました。また利用したいし、今回は我慢すること。

いざ滞在してみると意外と快適で、ベッドが繋がってるのも悪くないなと思いました。

が、翌日の朝にも事件が。

なんだか惜しい滞在

朝10時に、突然ドアをノックされました。ベッドの上でラフな格好でくつろいでいた僕は慌てて「はい!」と声をあげましたが、間髪入れずにドアがガチャっと開く音が。

ベッドからドアは見えないものの人が入る気配を感じて「はい!え?はい!」と声を出し続けると「あ、すみません。すみません。」と声がしてドアが閉まりました。

チェックアウトの時間を確認したけど11時。10時にドアを開ける必要性はない。おそらくチェックアウト済みの部屋と間違えたんでしょう。

些細な出来事ですが、変に動揺しました。知らない人が勝手に入ってくるのは、やはり怖いことですよね。

そんなこんなで、2度目の宿泊も「なんだか惜しい」滞在になってしまいました。

わりと気に入っているホテルなので、懲りずにまた3度目も宿泊すると思うんですが、今度は満足できたらいいなぁ。

ABOUT ME
kaz
海外を夢見て脱サラ → 大失敗して暗黒時代を3年間もがき苦しむ → 30歳にして初海外 → 8年間で34ヶ国80都市を訪問 → 今はメキシコでワーケーション3ヶ月目。 コスパの良い旅が好きな、ゆるめの旅人。マイルと猫と旅とホテルが好き。
Instagram

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です