TRAVEL ×TROUBLE

[旅インタビュー]危険!グァテマラで強盗にナイフを突きつけられた話

RISU
RISU
今まで50か国ほどを旅したことのある主婦です。
メキシコやアメリカ、スペインなどに合計で10年以上住んでいて、最近ではちょっとゴージャスなホテルに泊まる海外旅行が特に好きです。
kaz
kaz
海外経験豊富なRISUさんが、グアテマラでの危機一髪の体験を語ってくれます。

グァテマラで強盗に遭遇!九死に一生?

1人でグァテマラの首都グァテマラシティ旅行した時に遭ったアクシデントについてお話したいと思います

グァテマラシティへ週末旅行へ

メキシコに住んでいた時にそれより下の国に行ったことがないなと思い週末に1人で安いチケットを見つけてグァテマラシティへ旅行に行きました意外と見る所が少なく最終日は夕方のフライトでメキシコに帰るつもりだったのですが時間があまり歩いて空港へ向かうことにしました

ところが迷ったようでどちらが空港かを後ろに歩いている人に聞いたのですがどうも違う方向を言っていると思いひとまず歩いてみたもののまだ彼が後ろにいるのがわかったので振り向くとナイフをもっていました

携帯をよこせスペイン語で言われ(その携帯なんていじっていないのに)、

私にナイフ突きつけてきました

もうパニックですこういう時には持っているものをすべて渡すべきなのでしょうが冷静な判断ができない状況だったのでナイフを見て刃がギザギザだったので絶対に私を刺せない思い何を思ったか私は彼の首元をつかみました

そしてちょうど車が来たのでその前に飛び出していきスペイン語で助けを求めました彼もびっくりしてその場からすぐに逃げ私も逆方向にダッシュで逃げ人が多いスーパーの中に飛び込んでいきました

もう心臓はバクバクでかなりのまた彼が追いかけてくるのではないかとハラハラ状態でした

九死に一生を得たのかもしれない

この話を聞いたら「強い人だすごいなどと思うかもしれませんしかしこの数日後知人にこの話をすると

ナイフじゃなくてピストルだったらどうしたんだ

言われハッとしました

もしかしたらナイフだけではなく、ポケットの中にピストルを隠し持っている可能性もあったわけです

それを考えると余計に心臓がバクバクして私は九死に一生を得たのかもしれない思いましたそして私がとった行動は間違っているということも改めて思いましたしとにかく命があったことが奇跡であったのだと感じました。

海外旅行保険には加入していましたか?

RISU
RISU
20歳当時に作ったセゾンカードを持っていました。ものを盗まれたり私が傷を負ったりというようなことも無かったので良かったのですが、

私のセゾンカードの海外旅行保険は利用付帯航空券などをそれで支払っていないので適用されなかったでしょう

Kazが思うこと

RISUさんが何事もなく無事で本当によかったです。中南米で強盗に出くわしたら要求どおりに応じる事が身を守るための鉄則です。

バックパッカーなど旅慣れたはずの旅人であっても、中南米は別次元の危険度だと言われています。

2017年のコロンビアでは、強盗されたカバンを追いかけてしまった世界一周中の日本人大学生が銃殺されています。(僕も参加した、インドの祭で合流した日本人メンバーの中に彼もいたそうです。)

日本より治安の悪いメキシコに住んでいるRISUさんでさえ、とっさに反抗してしまう。「日本とは違う」という意識が奥底まで浸透するのは難しいことかもしれませんが、まさに命の関わることなので徹底したいところです。

携帯のデータは、普段からバックアップを取っておけばなんとかなります。海外旅行保険が適応されていれば、全額とは言わないまでも保険で戻ってきます。

RISUさんは、利用付帯のクレジットカードを使っていましたが、細かな部分はちゃんと意識してリスク管理する事が身を守って無事に帰国することに繋がると思います。

kaz
kaz
無事で何よりですが本当に危険でしたね。最後にブログ読者の方にアドバイスなどあればお願いします。

グアテマラへ旅行する方へのアドバイスや注意点

知らない場所や、人気が少ない場所は絶対に1人で通らないようにし、私のように、絶対に相手にやり返すのは命にかかわるのでやめましょう。何よりも命が大事です。

ABOUT ME
kaz
海外を夢見て脱サラ → 大失敗して暗黒時代を3年間もがき苦しむ → 30歳にして初海外 → 8年間で34ヶ国80都市を訪問 → 今はメキシコでワーケーション3ヶ月目。 コスパの良い旅が好きな、ゆるめの旅人。マイルと猫と旅とホテルが好き。
Instagram

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です